チケット予約

2023年5月7日(日)Ryosuke Kiyasu (Drums) + ナスノミツル(Bass) + 今堀恒雄(Guitar) at 東京 POLARIS

 ナスノミツル、今堀恒雄、Ryouske Kiyasuのトリオによるファーストミーティング!

「そびえ立つあらゆる音楽の壁の向こう側を一瞬だけ覗きたい、一瞬だけ 」by ナスノ


ナスノミツル (el-bass,devices)
1990 年代後半に内橋和久、 吉垣安洋と結成した 「アルタードステイツ」 がインプロヴィゼイションシーンに衝撃を与える。 以後、 大友良英、灰野敬二、 山本精一、 吉田達也、 菊地成孔らとのユニット、さらには布袋寅泰など国内外、メジャーとアンダーグラウンドが交錯する膨大な数のセッションを繰り返し今日に至る。2015 年、元ヘンリーカウのクリスカトラーらの新プロジェクト「Half the Sky」に参加。
2016年からは中村達也(ex ブランキージェットシティ)、中村弘二(ex スーパーカー)のトリオによるダークロックユニット「MUGAMICHILL/ムガミチル」を主宰。
2022年9月「MUGAMICHILL/ムガミチル」名義の4枚組ファーストアルバムをクラウドファンディングにて制作、リリース。
2023年2月には最新ソロ作「Life」を発表。
即興におけるそのエレクトリックベースの可能性と存在感は他の追随を許さない。


Ryosuke Kiyasu (ds)

ドラマーとして、リーダーバンド ”SETE STAR SEPT” , “Kiyasu Orchestra”での活動や、2012年から灰野敬二氏の不失者のドラマーとしても活動して知られている。

彼のスネアドラムソロは、イギリスのBBCでも報じられた。
2018年 BBCニュース記事
https://www.bbc.com/news/av/uk-england-tyne-45425992

2016年 VICEフランス記事
https://www.vice.com/fr/article/qbv4nx/ryosuke-kiyasu-solo-batterie-grind-noise

台湾の新聞 "Taiwan Times "にインタビュー掲載
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3617510

Ryosuke Kiyasu
http://jp.kiyasu.com
https://www.facebook.com/dr.kiyasu
https://instagram.com/dr.kiyasu



今堀恒雄 (g)
12才でギターを手にしBritish Tradに傾倒後、佐藤允彦氏、加古隆氏らに音楽理論を師事。’86年「Tipographica」を結成。「訛り・揺らぎ」をグルーブに乗せる作曲法を確立した。現在の「unbeltipo」では、テンポや小節線を変調可能とする「伸縮するリズム」を考案、今尚培養中。
’21からは更なる「未聴の音」を求め外山明,類家心平とのユニットも拡大中。
その他、小川美潮、太田恵資、天田透、等とのDUOやBand。サポートとして井上陽水、菅野ようこ作品、岩崎琢作品。
作曲家としてもCM、アニメーション、ドラマ、映画音楽、舞台音楽に携わる。

会場:POLARIS
住所:東京都千代田区神田錦町1−14−13 神田テラス1階
OPEN 19:00
START 19:30

自由席、ご来場順
ご入場時、別途ドリンク代700円頂きます。

※お客様のご希望で購入決定されたチケットは、理由の如何を問わずお客様のご都合によるキャンセルはお受けできません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Kiyasu Orchestra

SETE STAR SEPT